白洲次郎

わたしは何者なのか?

どうして白洲次郎に興味を持ったのか?

 

それは、書店での一冊の本との出会いでした。
今では、なんという題名だったかも思い出せないので、白洲次郎さんに関しての本を読みまくっているところです。謎めいたさまざまの経歴や、書いてあることに感銘し、何よりもカッコイイ!そう思ったのが始まりです。

 

わたしの本名は、書かないことにしているのですが、兄がイチロウという名前だったもので、小さいころ兄の友人に紹介されるときに、弟の『ジロウ』 そうやってふざけて紹介されたのを思い出します。これが『ジロウ』 という名前に親近感を持っている理由なのかもしれません。

 

石川次郎さんの後輩でもあります。

 

そして、日本ペンクラブ会長の浅田次郎さんの大ファンでもあります。浅田次郎さんはサンフランシスコ講和条約の年に生まれた方であり、わたしはといえば、さらにその後一回り遅れた年に生まれました。

 

ペンネームは、石田次郎ということにしておいてください。

 

御意見、ご感想、質問などはこちらからお願いいたします。

自己紹介エントリー一覧